子ども向けサプリランキング

子どもの成長にバランスのよい食事は欠かせません。気を付けているつもりでも、風邪をよくひく、おなかをよく壊す、便秘気味になると、栄養が偏っているのかなと心配に。周りの子より背が小さいけれど大丈夫?好き嫌いが多いけれど大丈夫?お料理得意じゃないから…と、ママの心配はつきませんね。

 

そんなときは、子ども向けサプリを試してみては?子どもために作られた、子どもの成長をサポートするサプリなので、安心。悩みや心配にあわせて選べるのも、嬉しいところ。当サイトでは、成長サポートにおすすめのサプリを厳選してご紹介しています。

 

 

親子100組が選んだキッズサプリの特徴

親子100組が選んだキッズサプリは、小さなお子さんをもつママパパの要望がつまったサプリです。成長のためのCaとビタミンD、腸内環境を整え免疫UPの乳酸菌、脳の成長に欠かせないDHAを配合。さらに、不足しがちな野菜と鉄分をプラス。1日めやす3粒。小さな子どもに嬉しい噛んで食べられるサプリは、人気のパイナップル味。歯が生えそろう3歳ごろからどうぞ。日本予防医学研究所と共同開発の、子どものための栄養マルチサプリです。

価格 1,800円
評価 評価5
備考 乳酸菌・DHA・野菜と鉄分
 

 

 

カラダアルファの特徴

カラダアルファは、成長期の10代専用サプリです。気になる身長を伸ばすには、Caと共にミネラル、たんぱく質、コラーゲンを摂ることが大切。栄養豊富なスピルリナ、ヒジキ、コラーゲンを使用し、これらを最適バランスで配合。不足しがちなCa、鉄分、免疫力UPのβカロテンなど、10代の子どもに欲しい栄養成分が摂れます。子どもが飲むものだから、天然由来成分、国産、国内製造、保存料ゼロ。1日めやす10粒でも小粒で飲みやすい。

価格 6,000円
評価 評価4
備考 スピルリナ・ヒジキ・コラーゲン
 

 

 

サンスター おいしい青汁の特徴

サンスター おいしい青汁は、子どもにこそ飲んでほしい青汁です。苦くて飲み難いイメージの青汁、たっぷりのすりおろし野菜&りんごで、子どもにも飲みやすく仕上げています。9種の青野菜とりんご、そしてレモンをプラス。不足しがちな野菜を、1缶で90g分補えます。ドリンクタイプなので、そのまま飲めて手軽。お弁当のおともに、おやつと一緒に。家族みんなで摂れる青汁です。

価格 6,000円
評価 評価3
備考 種の青野菜とりんご・レモン
 

 

偏食気味の子どもが増えている?

 

子どもの偏食が増えているといいますが、子どもはもともと偏食がちなものと思う方もいるかもしれません。
偏食とは、食べ物の好き嫌いが極端なことを指します。魚が嫌いでも肉が好きならたんぱく質をとるのに問題はないという考えもありながら、肉ばかり食べていたら脂質の摂り過ぎにもつながるでしょう。

 

近年は大人にも偏食な人が増えていますが、子どもの場合は成長期という大事な時期にあります。大人よりも栄養状態が心身におよぼす影響が深刻になる可能性が高い子どもの偏食を放っておくのは、子どもの将来に関わります。ここでは、子どもの栄養状態について、偏食がどのような影響を与えるのか、どのような対策があるのかなどをお話しましょう。

 

子どもの偏食がおよぼす影響

 

中年以降の大人が好き勝手な食生活をしていると生活習慣病が心配されるように、子どもにも成長期に必要な栄養が過剰に摂取すると問題になる栄養があります。

 

例えば、栄養不足が発達障害や子どものうつにつながることもあり、逆に栄養過多が子どもの生活習慣病を増やすことにもなりかねません。かといって、偏食する子どもに神経質になり過ぎて叱り飛ばすのもどうでしょうか。子どもの偏食は、いずれ直ることが多いと考えて、栄養バランスがとれた食事を出し続けてあげることが大切でもあります。

 

成長に合わせた栄養

 

子どもの偏食を全く気にかけないのも問題ですが、偏食を無理に直そうと荒療治をするのも子どもに食へのトラウマを与えてしまうかもしれません。

 

何が食べられないのか、心身に異変はないかを窺って、料理に工夫をしても駄目なら子ども向けのサプリメントなどを利用するのも一つの手です。長い人生を始めたばかりの子どもが成長してからも心身に負担を抱えないように、しっかりバランスのとれた栄養を与えてあげましょう。

 

子どもに不足しやすい栄養とは?

 

ご飯やパン、麺類などの炭水化物、肉や魚などのたんぱく質と脂質は、三大栄養素と呼ばれます。三大栄養素は人間の身体にも含まれる大きな要素で、これらが極端に不足することで人間は健康に生きていくのが難しくなります。

 

さらに、ビタミン類やミネラル類が加わって、五大栄養素という分類もあります。ビタミンやミネラルにはそれぞれたくさんの種類があり、全てが微量ずつでも生きていくためには欠かせない栄養素です。

 

子どもの偏食が増えてきた昨今、三大栄養素が不足する心配はないといわれますが、ビタミンやミネラルは不足が目立つ子どもも増えてきたといいます。飽食の日本にあって栄養が不足することがあるとは驚いた話ですが、子どもに不足しやすい栄養とは何なのかについてお話しましょう。

 

野菜や魚嫌い

 

子どもの野菜嫌いは、昔からよくあることです。最近では大人の野菜不足も指摘され、厚生労働省が一日350g以上の野菜摂取を推奨していますが、子どもの野菜不足も深刻です。野菜にはビタミンやミネラルが多く含まれ、何より食物繊維が豊富です。

 

肉食がちな昨今の子どもの生活習慣病を予防するには、食物繊維をしっかりとらせることが大切なのです。もちろん食物繊維の過剰摂取が体に合わないこともありますが、加減を見て適量をとらせる必要はあります。

 

魚を食べずに肉ばかり食べているのも、問題です。魚には肉の代わりとなるたんぱく質が多く含まれているのに加えて、肉類よりも質の良い油脂分が含まれています。やはり、魚を適量食べさせることが、子どもの栄養状態に貢献するでしょう。

 

ビタミンとミネラル不足

 

最近の子どもには、ビタミンとミネラルが不足しがちだといいます。いずれもバランスよく多種類を毎日とる必要があり、過不足が心身に影響を与えます。人は数日食べなくても生きていけるといいますが、脱水症状は1〜2日でも人の命を奪いかねません。

 

それほど、ミネラルは重要な栄養で、微量欠けただけでも心身に影響を与えるのです。ビタミンにも水溶性と脂溶性があり、水溶性は体に蓄積されないのでこまめにとる必要があり、脂溶性は体に蓄積されるので摂り過ぎは禁物という特徴があります。栄養は、バランスよく摂ることが重要なのです。

 

偏食・栄養不足は子どもの成長にどんな影響が?

 

子ども時代にも、乳幼児期から思春期といろいろな時期があります。それぞれに必要になる栄養は違ってきますが、特に最も栄養を必要とする時期は成長期と呼ばれる時期です。小学生から高校生にかけての成長期には、大人に負けないほどの栄養をバランスよく摂る必要があるのです。

 

成長に伴って栄養が必要となる時期に栄養不足となると、成人後にも関わる心身の発達に影響を与えかねません。ここでは、子どもの成長に偏食や栄養不足が与える影響についてお話しましょう。

 

思春期に必要な栄養は、大人並み

 

12歳から14歳くらいにもなると、必要な栄養は成人と同じ程度になってきます。しかし、子どものうちは成長も著しく、体や頭を使うことも大人より多いこともあります。そんな時期に栄養不足になっていたら、身長が伸びないのはもちろん、脳が上手く働かなかったり、精神状態に支障がおよんだり、女子なら生理不順にもなりかねません。

 

子ども時代にはまだ解毒機能も発達していないため、食品に含まれる添加物などに敏感に反応してしまうこともあります。栄養不足によって、病気などに対する抵抗力が低下してくるのも明らかです。

 

精神疾患にもつながる栄養不足

 

アレルギーや感染症にかかりやすくなるばかりか、栄養不足は精神疾患につながる恐れもあります。神経組織をサポートする役割を持つ栄養素は、たくさんあります。いずれもが異なる役割を果たしており、どれか一つが欠けたときに他の栄養素がカバーしてくれるだろうと思うのは虫がいい話です。

 

ある栄養素が他の栄養素と相乗効果を発揮したり、他の栄養素がなければ働いてくれない場合もあります。ビタミンやミネラルが不足することによって、うつや注意欠陥多動性障害、自閉症などを発症することがあるのもわかっています。子どもの人生に大きな支障となるような精神疾患を栄養不足の改善によって防げるなら、対策しない手はありませんよね。

 

子どもの栄養補給にサプリがおすすめ!

 

日本でも、サプリメントで栄養を補給する人が増えてきました。サプリメントの中には、生きていくために最低限絶対に必要な栄養素もあれば、美容やより健康を目指してプラスする成分のサプリメントもあります。

 

様々なサプリメントがあり、子どもにサプリメントを与えて栄養補給させたいと思ってもたくさんあり過ぎて選べないという人も、そもそも子どもにサプリメントを与えることに違和感を感じる人もいるでしょう。ここでは、子どもにサプリメントを与えるのは問題ないのか、与えるならどんなサプリメントがふさわしいのかについてお話しましょう。

 

生きていくために必要な栄養素

 

生きていくために摂取しなければならないものとして、酸素や水がありますが、他にも五大栄養素と呼ばれる成分を摂取しなければ、人は死んでしまいます。

 

五大栄養素とは、たんぱく質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルです。このうち、現代の子どものほとんどは、たんぱく質と炭水化物、脂質に不足がありません。逆に、ビタミンやミネラルは、全てとはいわずとも不足している種類があることが多いのです。

 

たんぱく質や炭水化物、脂質の摂り過ぎが健康に害を与えるのも、三大栄養素をスムーズに消費するのに必要なビタミンやミネラルが不足しているのが原因ということもあります。栄養はバランスが重要ですから、何かが多過ぎたり少な過ぎたりするのはよくありません。

 

どうしても食事では栄養バランスに自信がもてないという場合は、ビタミンやミネラルをバランスよく詰め込んだマルチ系のサプリメントを選んでみてはいかがでしょうか。

 

機能性栄養食品

 

先に挙げた、生きていくために絶対に必要な栄養素の他にも、人によっては特定の栄養成分を摂取することによって、より健康になれることがあります。そんな栄養素を機能性栄養素といい、様々な種類があります。

 

ただ、機能性栄養素をサプリメントで摂取して効果に期待するには、ベースとなる五大栄養素をしっかり摂っておく必要があります。三大栄養素は食事で十分に摂れていることが多いので、ビタミンやミネラルが不足していないか振り返ってみましょう。基本の栄養素が備わっているからこそ、機能性栄養素をプラスして効果がもたらされるのです。